パワーコンディショナーの機能と選び方

太陽光発電を行う際に発電パネルを買い揃えればすぐに発電ができると考えている人は少なくありませんが、発電パネルだけでは発電はできても実際に家庭で利用できる元気にすることができません。
発電パネルが発生する電流は直流のため、家庭用として利用できる交流100ボルトの電源に変換するために、パワーコンディショナーが必要となります。

パワーコンディショナーは複数の発電パネルの直流電流を収容し、これを交流100ボルトの電源に変換する役割を担っていますが、一定量以上の電流の入力がないと交流100ボルトの電源を出力することができない上、その容量によっては一定以上の電流についてはこれを廃棄する構造となっているため、その入力については十分な注意が必要です。パワーコンディショナーには様々な構造のものがあります。



そのため、発電パネルが出力する電流の値に応じてその構造や容量を選ぶことが重要ですが、太陽光発電はその性格により常に一定量の電流を発電できるわけでは無い為、適正なパワーコンディショナーを選ぶ際にはその出力電流の値をしっかりと把握することが必要です。



さらにこの発電電流は発電パネルの設置方法や日照時間などにより大きな影響を受けるので、様々なノウハウが必要になるのです。



しかしその選び方については専門的な知識が必要になる上、多くの経験が重要となります。


そのため、信頼できる販売店を選び適正な組み合わせを提案してもらうことが非常に重要です。