電気の変換だけではないパワーコンディショナーの役目

太陽光発電システムの中でとても重要な役割をする存在として知られるのがパワーコンディショナーです。

太陽光発電システムの普及が進むにつれて一般住宅の屋根に太陽電池モジュールが搭載された家も目立つようになりました。



それに対してパワーコンディショナーは太陽電池モジュールのように目立つ場所に設置されるものではありません。それでもパワーコンディショナーは太陽光パネルが作り出した電気エネルギーを家庭できちんと使える交流電力に変換するという大切な役割がある事はシステムの普及に伴って徐々に知られるようになり、太陽光発電システムの中で欠かすことのできない大切な存在であることが認識されるようになりました。



そして実はパワーコンディショナーは電気を直流から交流に変換するだけではなく、さらに重要な役割を担っています。

まず太陽光発電はエコでクリーンなエネルギーを自宅で発電する理想的なシステムとして知られるのですが、日照時間や天候などの気象条件によって発電量が大きな影響を受けるところがデメリットだと言われています。


この不安定な発電量を補い、天候による影響を極力抑えてより多くの電力を安定的に供給できるように調整する役割を担っているのもパワーコンディショナーなのです。



気候や日照時間などの条件によって常に変動する電圧と電流から発電量が最大になる最大出力点と呼ばれる電圧と電流の組み合わせを自動的に見つけだし、より多くの発電量を維持できるように制御する働きがあります。