パワーコンディショナーの大切な役割

二酸化炭素を排出せず、環境にやさしいエコでクリーンなエネルギーとして注目される太陽光発電の人気が高まっています。一般家庭の屋根に太陽電池モジュールを搭載した住宅を各地で見かけるようになりました。

太陽電池モジュールに太陽の光が降り注ぎ電気エネルギーを作り出すのですが、そこで作り出された電気エネルギーを集め、家庭内で電気が使えるように変換するのがパワーコンディショナーの役割です。



つまりいくら天気が良い日が続いて太陽電池モジュールから電気エネルギーを効率よく作り出すことが出来ても、パワーコンディショナーによって家庭用で使える交流電力に変換しない限り、せっかく作った電気エネルギーを家庭で使用することができない事になります。


太陽電池モジュールから作り出された電気エネルギーはパワーコンディショナーによって変換され分電盤を通って家庭内で使用する電気製品へと分配されて初めて家庭で使用することができます。



さらに発電して家庭で消費してもさらに余剰電力がある場合には売電用メーターを経由して電力会社に売電することができます。

そのことによって売電収入を得られ、太陽光発電設備の設置にかかる費用の財源に充填できることも太陽光発電の設置が広く進んでいった理由の一つだと言われています。



自宅で太陽の光を使用して電気エネルギーを作り出し、自宅の電気製品の動力として使用するために欠かせない存在、それがパワーコンディショナーです。