パワーコンディショナーの選び方

自分の家にも太陽光発電システムを導入したいと考えている方であれば、しっかりポイントを押さえた上でパワーコンディショナーを選ぶことができます。


実際、パワーコンディショナーは機器によって大きく異なる特徴を備えているため、導入前に十分検討する必要があります。

パワーコンディショナーの基本的な性能とも言える変換効率の高さは、一つの重要なポイントとなります。

変換効率の高さは、直流電流から交流電流に変換する際に生じるエネルギーロスがどれだけ少ないかによって知ることができます。
エネルギーロスが少なければ少ないほど、効率よく電流を変換することができると言えます。



そのため、変換効率ができるだけ高いものを選ぶことができるでしょう。


従来は、パワーコンディショナーのメーカーによる保証期間が十年以下と設定されているものがほとんどでしたが、最近では十五年から二十年ほどの保証期間を設定しているメーカーも多くなっています。


セットで販売されていることが多い太陽電池モジュールと比較すると、パワーコンディショナーのほうが早く寿命が尽きてしまうケースがほとんどです。



そのため、メーカーによって設定されている保証期間が長いものを選ぶことができます。
価格も非常に気になるポイントですが、複数の業者に見積りを出してもらい、それらを比較して選ぶことが勧められています。いずれにしても、太陽電池モジュールとセットになっているものを選ぶか、少なくとも同じメーカーのものを選ぶことができます。