パワーコンディショナーの役割

最近では、自宅の屋根や様々な場所に太陽光パネルが設置されています。
太陽光パネルは、自宅で発電したエネルギーをしようすることで電気料金を抑えたり、災害時の停電などでも太陽光の力によって自宅で電気が使えたり、余った電力で収入を得ることも可能です。発電システムを導入するには、パワーコンディショナーと太陽電池パネルが必要になります。



太陽の光を集めて太陽電池パネルによってエネルギーに変換しますが、そのエネルギーを家庭用の電気へ変換するものがパワーコンディショナーになります。

そのため、これがなければどんなにエネルギーを集めても電気として家庭で使用することができません。



効率よく電気を使用するためにもどのようなパワーコンディショナーを選ぶかが重要になってきます。
特徴としては、メーカーごとに交換効率が異なってくるのでどのメーカーがどのくらいの交換率なのかを確認してから購入するようにします。

また、太陽光発電システムが作動しない夜間は停止していますが、運転を開始したり修了する時には多少の音が出るため、設置する場所は考えてから行うようにします。



パワーコンディショナーには様々な働きがあるので、よいソーラーパネルを設置しても使える電気へと変換するパワーコンディショナーの効率が悪いと無駄になってしまうので、購入時には機能や性能を確認してから購入することが大切です。また、普段からお手入れを行うことで寿命に大きな違いがでます。